Goooooo飯BLOG

毎日美味しいご飯

カンブリア宮殿に登場の銀座十石がおむすびに使うツナ缶

今夜のカンブリア宮殿に登場。銀座十石と言う人気のおむすび屋さん

おむすび屋さんがよく使う型にご飯、具材と入れて、最後に再びご飯を。

そして握ったり型押ししたりするのかと思いきや、そのまま型を外して完成?!

この独特の作り方で作ったおむすびが病みつきになるんだそーで大人気になってるそうです。

 

この銀座十石がおむすびに使うツナ缶か、こちらの静岡のホワイトシップ印のツナ缶。値段は高いですが、選び抜いたツナなんだそーです。

 

約30年前、当社の社員が「自分達が一番食べたいと思うものを作ろう」
ということで作り始めたホワイトシップ印。鮮度の良い夏びん長まぐろを、綿実油に漬けて熟成させた当社の綿実油漬と、100%ナチュラルな「ピュアオリーブオイル」に漬けて熟成させたオリーブ油漬けが同時に楽しめます。

 

ぜひチェックしてみてください